軽井沢の四季彩写真館 軽井沢を10倍楽しむ
四季折々の自然情報サイト




軽井沢の 四季折々の美しい景色を あなたへ 
Karuizawa's seasonal beautifull scenery for you

軽井沢に来られて、ふと思った事はありませんか。
 ・ おやっ、この花の名前は何だろう?
 ・ 季節ごとの花について、もっと詳しくなりたいな。
 ・ 花がたくさん咲いている、ワクワクする散歩道がないかなぁ。
 ・ 軽井沢らしい風景に感動したい!
 ・ 四季折々の軽井沢ライフで、もっと美しい自然を楽しみたい!

そんなあなたの想いにこたえます。 

「軽井沢 花の森 花の道」 好評販売中!
  •  四季折々の軽井沢の花や風景を満喫できる。
  •  軽井沢の花について詳しくなれる!
  •  花を楽しめる散歩道を、手書きマップで分かりやすく。
  •  写真にイラストとエッセイをまじえて楽しく説明!

                 
  
 1 早春編      2 薫風編      3 芒種編
  (4月頃)      (5月頃)     (6-7月頃)

     
 4 七夕編     5 涼風編 
(7-8月頃)    (8-9月頃)


*)軽井沢では、発地市庭(直売所入口右手の棚)軽井沢書店、 タリアセンにて発売しています。


ホーム
(Home)
春の花
(Spring)
夏の花
(Summer)
秋の花
(Autumn)
冬の風景
(Winter )
昆虫
(Insect)
きのこ
(Mashroom)
浅間百景
(Mt.Asama)
リンクページ
( Link page )
参考書籍
( Books of reference )
ページ内リンク / Link within this page :

 軽井沢について / 春の花 / 夏の花 / 秋の花 /

 冬の風景 / 昆虫 / きのこ / 浅間山

軽井沢 四季の便り : 軽井沢の四季折々を書き綴っています。

  軽井沢四季彩写真館~四季の便り~ のブログ
  
山菜レシピ

 山菜レシピへのリンク

  

 軽井沢は長野県の東信地区に位置し標高900~1000mの自然豊かな高原避暑地です。日本一の別荘地としてもしられ夏になると多くの観光客や別荘族で賑わいます。

 浅間山麓にある軽井沢では、四季折々の高原性の植物が多く見られます。
 軽井沢では、珍しい草花を見ることもでき、1,000種類を超える植生がみられ、
 山麓一帯は、鳥獣保護区にも指定されていて、日本の三大野鳥生息地としても知られています。


当Webサイトでは四季折々の軽井沢の写真を、俳句やエッセイを交えて紹介しています

 ★ 春の草木花 / Spring flower  ~ 春は妖精 ~ ★

 軽井沢の森に、スプリングエフェメラルが咲きはじめ、妖精たちが微笑みます

  Page.1 - Page.2 - Page.3 - Page.4 - Page.5 - 

  Page.6 - Page.7 - Page.8  - Page.9 - Page.10


  Page.11 - Page.12 - Page.13 - Page.14 - Page.15 


 ★ 夏の草木花 / Summer flower ~ 夏は繚乱 ~ ★

 新緑の萌えいずる森。野草も樹木も、美しさを競うように花を咲かせます

  Page.1 -  Page.2  -  Page.3  -  Page.4  -  Page.5

  Page.6  -  Page.7 -  Page.8  -  Page.9  -  Page.10
  
  Page.11 -  Page.12  -  Page.13  -  Page.14  -  Page.15

  Page.16   - Page.17


 ★ 秋の草木花 / Autumn flower ~ 秋は風雅 ~ ★

 夜露に濡れた森では紅葉が始まり野草は控えめながらも凛とした花を咲かせます

  Page.1 - Page.2 - Page.3 - Page.4 - Page.5 

  Page.6 - Page.7 - Page.8 - Page.9 -


 ★ 冬の風景 / Winter scenery ~ 冬は澄静 ~ ★

 厳寒の風に軽井沢の森も空も澄み渡ります。軽井沢の森に、霧氷の花が咲きます

  Page.1 - Page.2 (軽井沢ウィンターフェスティバル)

  Page.3 (軽井沢ウィンターフェスティバル)


 ★ 信州の昆虫 / Insect ~ 花友乱舞 ~ ★

  -軽井沢の四季折々の花々や木々に、たくさんの昆虫たちが訪れます-

  Page.1  -  Page.2  -  Page.3  -  Page.4  -  Page.5

  Page.6  -  Page.7  -  Page.8


 ★ きのこ / Mashroom ~ 神森の恵 ~ ★

 浅間山の女神、磐長姫が守る軽井沢の森には自然の恵みであるキノコがたくさん生えます

  Page.1 -  Page.2  -  Page.3  -  Page.4  -  Page.5

  Page.6 -  Page.7 -  Page.8  -  Page.9  -  Page.10

  Page.11-


 ★ 浅間百景 / Mt.Asama ~ 滾熔冠煙 ~ ★

 軽井沢の自然を司る浅間山は、荒ぶる火の山
 四季折々の浅間山の景色を浅間百景としてまとめました

 Page.1 -  Page.2  -  Page.3  -  Page.4  -  Page.5

 Page.6  -  Page.7  -  Page.8 -  Page.9  -  Page.10

 *)四季折々の写真を、俳句やエッセイを交えて紹介しています。

 


   :春は妖精

 

 軽井沢の森に、スプリングエフェメラルが咲きはじめ、妖精たちが微笑みます。


  Page.1 - Page.2 - Page.3 - Page.4 - Page.5 - 

  Page.6 - Page.7 - Page.8  - Page.9 - Page.10

  Page.11 - Page.12 - Page.13 - Page.14 - Page.15 


 春分の頃(3月下旬)、浅間山はまだ多くの残雪で覆われていますが、野山に黄色い花が咲き始めます。
 マンサク、アブラチャンやダンコウバイです。
 その頃になると、森からウグイスの声が聞こえ始めます。

 穀雨の頃(4月中旬)を過ぎると、コブシの花が咲き始めます。
 コブシは軽井沢の町花で、野山にたくさんの白い花が咲き乱れます。
 コブシに続いて、山桜が競うように咲きはじめます。
 白と紅の花の競演を見ると、思わず、春の喜びに浮かれてしまいます。

 ゴールデンウィークには、カラマツの芽吹きが始まり、モノクロの森が一気に華やぎ始めます。
 立夏の頃(5月上旬)からは、花のリレーをするように、
 山吹、ウグイスカグラ、山ツツジ、藤が、野山を彩ります。

 森の下には、スミレやケマン、ボケの花、エンゴサク、筆リンドウなどの
 多くの花が競うように咲き誇ります。
 春の花は可憐で、その表情からは何処となく、儚さを感じます。
    




  : 夏は繚乱



 新緑の萌えいずる森。野草も樹木も、美しさを競うように花を咲かせます。

  Page.1  -  Page.2  -  Page.3  - Page.4  -  Page.5

  Page.6  -  Page.7 -  Page.8  -  Page.9  -  Page.10
  
  Page.11 -  Page.12  -  Page.13  -  Page.14  -  Page.15

  Page.16  -  Page.17

   

 藤の花が散り、ニセアカシアの花が咲きはじめると、夏到来です。

 この季節は、不思議と白い花が多くなります。
 ニセアカシアを筆頭に、ミズキ、山アジサイ、ウツギ、ヤブ手毬、大亀の木、山法師
 と行った白い花が、山や里に咲きます。
 
 野や山には、数え切れない程の草花が咲き競います。
 夏の花は力強く、人間が、気おされる程のバイタリティーを感じます。
 
 ガガイモヤイトバナなどのつる性の植物が、他の植物に絡みつき、草やぶで花を咲かせ始めるのも夏です。
 強い日差しを浴びて、ぐんぐん勢力を伸ばし、激しい生存競争の中で、争って花を咲かせます。


  : 秋は風雅
 夜露に濡れた森では紅葉が始まり野草は控えめながらも凛とした花を咲かせます。

  Page.1 - Page.2 - Page.3 - Page.4 - Page.5 

  Page.6 - Page.7 - Page.8 - Page.9 -

     

 山百合が散り、森沿いの木陰に、ミズヒキやヒヨドリ花が咲き始めます
 草むらには、現の証拠や露草が咲き、生垣のイチイの木には赤い実が鈴なりになり、
 時々、蜂が蜜を吸いにやってきます。

 沢沿いに、ピンクや黄色のツリフネソウが咲く頃になると、朝夕の涼しさが肌寒く感じ始めます。
 そして、夜になるとコオロギやカンタンの演奏が響きます。

 軽井沢には、蕎麦畑がたくさんあります。9月に入ると、白い花が咲き、
 たくさんの蝶が蜜を求めてやってきます。

 野菊や胡麻菜の花が咲き始めると、浅間山の上の方からカラマツの黄葉が始まり、
 11月になると、カラマツの黄葉で黄金色に包まれます。


  : 冬は澄静



 厳寒の風に軽井沢の森も空も澄み渡ります。軽井沢の森に霧氷の花が咲きます。

  Page.1  -  Page.2 (軽井沢ウィンターフェスティバル)

 - Page.3 (軽井沢ウィンターフェスティバル)


 軽井沢の冬は、寒くて厳しいです。1月の最低気温の平均は、
 ~-9℃で、なんと札幌の~-8℃よりも低いのです。
 最低気温が、-20℃を下回ることも珍しくありません。

 時として、厳しい朝の冷え込みが、”霧氷”という美しい風景を作ったり、
 極寒の地でしか見ることの出来ない、”ダイヤモンドダスト”や”サン・ピラー”という
 美しい自然現象をもたらしてくれることがあります。
 それは、実際に見た者でなければ形容できない美しさです。
 
 寒さの割りに、積雪量は、冬期を通じて30cm以下と、それ程、多くありません。

 世界的な気象変化ですが、20年以上前は、もっと雪が多かったそうです。
 そのため、軽井沢のプリンススキー場は、人工造雪機がなければ、
 雪不足で営業できない状態です。
 2009年は、観測史上最も冬の平均気温が高くなりました。

 雪が少なくなったとは言え、軽井沢のある信州は、北海道とならぶ日本2大スキーリゾート地です。
 ここ最近は、オーストラリアなどの海外からのスキー客も多く、
 世界的にもスキーリゾート地としての人気があがっています。

     




  : 花友乱舞

      

  Page.1  -  Page.2  -  Page.3  -  Page.4  -  Page.5

  Page.6  -  Page.7  -  Page.8


  草花の撮影をしていると花の蜜を吸いに来たり葉を食べに来ている昆虫とよく出くわします。自然界において、昆虫と植物は、パートナーでありライバルです。
 昆虫なくして植物は存在せず、その逆もしかりです。植物なくして人間は生きていけません。つまり、昆虫なくして人間は存在できないともいえます。

 このホームページでは、軽井沢や信州で出会った昆虫たちを紹介しています。

       



  : 神森の恵

     

  Page.1 -  Page.2  -  Page.3  -  Page.4  -  Page.5
  
  Page.6 -  Page.7  -  Page.8  -  Page.9  -  Page.10

  Page.11 -

 軽井沢は、浅間山麓に広がる森に抱かれています。
 別荘地にも多くの木々が残されているため、
 秋になるとたくさんのキノコに出会うことが出来ます。
 キノコには、数え切れないほどの種類があり、危険な毒キノコもたくさんあるので、注意が必要です。このホームページでは、軽井沢や信州で見かけたキノコを紹介しています。

       


 : 滾熔冠煙

    


  Page.1 -  Page.2  -  Page.3  -  Page.4  -  Page.5

  Page.6  -  Page.7  -  Page.8 -  Page.9  -  Page.10


 浅間山は軽井沢を象徴する山で軽井沢の自然を司る山と言っても過言ではありません。
 標高2,568mの活火山で、今も噴煙を上げています。
 2004年9月~12月にかけて、中規模の噴火がありました。

 「あさま」という言葉自体が、”火山”を表す古代の言葉と言われています。
 昔話では、浅間山の神(いわなが姫)は富士山の神(木の花咲耶姫)の姉に当たり、
 日本における火山の大女将的な存在です。

 五合目付近から上は、火山活動の影響で、植生がなく赤茶けた山肌を晒しています。
 その山容は、美しくもあり、不気味でもあります。

 有史に残る火山活動としては、1108年の天仁の大噴火と、1783年の天命の大噴火で、
 火砕流と溶岩流が発生し、麓の村落に甚大な被害を与えました。


    


 浅間山は、深田久弥の「日本百名山の一つです。
 以下、浅間山について述べた深田久弥の文章を引用です

 「東京へ遊学以来、休暇毎に私は何十回この山の裾を通ったことだろう。
  それはいつも厖大な容積(マス)で、独占的な形で、曝け出しの肌で、
 そして頂にはいつも薄い煙を吐いていた。
  汽車の窓からこんな眼近く、高く、大きく秘密なげに仰がれる山は他に例がない。

 ~中略~

 戦前、私は追分で一夏を過ごしたことがあった。脇本陣の油屋に泊まっていた
堀辰雄君の世話で、その隣の、昔お女郎屋であったという古い家の二階を私は借りた。
机を据えた前二階の低い窓から、三角に尖った浅間の剣ヶ峰が良く見えた。
その一夏で私は浅間山の周辺はほとんど余す所なく歩いた。
小浅間山にも、石尊山(寄生火山の一つ)にも、登ってみた。
ゆったりとした傾斜を持った大きな裾野の中へ、幾度もさまよいこんだ。
落葉松(からまつ)の林の中に続く旧草津街道をめぐってみたこともあった。
そしてそれらのワンダリングの決定的なバックをなすものは、常に浅間山であった。

当Webサイトでは軽井沢周辺から撮影した浅間山の写真を浅間百景として紹介します。


 Copyright(C) Creater of the Web site (Karuizawa no shikisai shashinkan)All Rights Reserved.
このWebサイトの文書、写真などの著作権は、このWebサイト(軽井沢の四季彩写真館)作者に帰属します。
 軽井沢四季彩写真館 or 軽井沢の四季彩写真館の文字(ロゴ)が入った写真は、フリーでの使用可です。
転載する際は、必ず当Websiteのアドレスを記載するか、画像に当Websiteへのリンクをはって下さい。